東京で活動するロウダウン・ブルース・バンド


by lowdown99

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

代々木MY BACK PAGESライブにご来場ありがとうございました!

この日はワタクシのブルース仲間、ハーピスト上野大吾氏と初共演。
大吾は事実上の初ライブでしたが殊勲賞の出来でした。よく頑張りました。

それにひきかえワタクシめはフィナーレでものの見事に5弦を切りました。

ただ友人の金田Δさんは6弦をバチバチ切りますからまだワタクシも甘いですナ。

お出で頂いたお客様!、そして我々のワガママで急遽やらせていただいたマスターと大作さんに感謝いたします!

SET LIST

1.(I'm Your)Hoochie Coochi Man(Willie Dixon)
2.Blues With A Feeling(Waltr Jacobs)
3.Leopard Skin Pill-Box Hat(Bob Dylan)
4.I Can't Hold Out "a.k.a:Talk To Me Baby"(Elmore James)
5.It Hurts Me Too(Hudson Whittaker)
6.Dust My Broom(Robert Johnson/Elmore James)

Daigo Ueno(H,vo on1-3)

and THE FLAMES OF RHYTHM

Tatsu Sakamoto(g,vo on 4-6)
Yuji Nagaoka(b)
Tetsuya"Techie"Yokoyama(ds)
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-14 18:31 | DIARY
2/11(SAT祝) 代々木MY BACK PAGES
http://www.zoono.co.jp/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=181326

OPEN:18:00
START:19:00
CHARGE:¥0(投げ銭)

Featuring
上野大吾(h,vo)

and THE FLAMES OF RHYTHM

坂本たつ(g,vo)
長岡裕二(b,vo)
横山哲也(ds)

大作さんのライブのオープニングで30分ほど演奏させて頂きます。串カツとホッピーでお愉しみ下さい!

f0054131_11124837.gif
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-10 11:14 | DIARY

【HARMONICA篇其の壱】

強烈濃厚ハープ・サッカー ・・・今野 昌

f0054131_1101680.jpg



















氏とは一番長く演奏していると思う。小生とは同い歳で何かとウマが合った。ブルース趣味も殆ど同じだったので何かにつけて一緒に演奏した。
中野BRIGHT BROWNの火曜日にデュオで出演し、MUDDY WATERS,LITTLE WALTER & BABYFACE LEROY のパークウェイ吹き込みの"Rollin' & Tumblin(呻くバージョン)'"等を演奏したものである。

やがて氏はデルタ兄弟に参加し、忙しい演奏の日々を送るが、小生がライブ活動を始めると喜んで参加してくれた。デルタ兄弟では今や不動のハーピストでキング・ジロー氏の大事な大事な懐刀である。

またブルースに留まらずハープが吹ければジャンルに関係なくライブに参加する。「ヒップホップからシャンソン」まで...

なお、ボーカルを余り執らない氏だが、勿体無いのでFORではムリクリでも歌って貰っている。今後もずっとやって行きたいハーピストです。

Photo:Hiroaki Shimokawa
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-06 20:30 | MEMBER
f0054131_1021646.jpg昨夜は節分の夜のお忙しい折、フレイムズ@阿佐谷チェッカーに御来場ありがとうございました。

次回のチェッカーは4/7(金曜)です。 今回の反省点を生かしよりよいステージに出来るよう精進いたします。
ありがとうございました。

SET LIST

1st

1.Opening Inst~Kidney Stew(Eddie Vinson)
2.Rock Me(McKinley Morganfield)
3.Going To New York(Jimmy Reed)
4.Honey Bee(McKinley Morganfield)
5.One Way Out(Rice Miller)
6.Who's Been Talkin(Chester Arthur Burnett)
7.I'll Be Your 44(Lurrie Bell)
8.Today Today Blues(James A. Lane)
9.Train Fare Home(Arthur"Big Boy"Crudup)

2nd

1.Bobby's Rock(Elmore James)
2.If You Should Change Your Mind(joseph Benjamin Hutto)
3.Bloody Tears(Willie Dixon)
4.I Can't Hold Out "a.k.a:Talk To Me Baby"(Elmore James)
5.Dust My Broom(Elmore James)
6.Hawaian Boogie(Elmore James)

TATSU SAKAMOTO & THE FLAMES OF RHYTHM

Tatsu Sakamoto(g,slg,vo)
Yuji Nagaoka(b)
Tetsuya"Techie"Yokoyama(d)

And Their Guest

"Pistol"Shirou Ohtake(g,vo on 1st-6,7)
Shou Konno(h,vo on 1st-5)

Special Thanks To Mr.Dekasue Suzuki Plays Guitar on 2nd-4~6
And All of Audience & Asagaya Checker Board

※終盤熱のこもったギターで御参加頂いたデカスー鈴木さんからレポートをUP戴きました。
節分と云うことで鬼の面を被って演奏する小生(たつ)とバンドの様子です(笑)ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-05 10:02 | DIARY

【GUITAR篇其の壱】

ダウンホームからモダンまで変幻自在のフロントマン ・・・ヤス飯村

f0054131_10172132.jpg












中野BRIGHT BROWNの木曜ブルースセッションは都内随一の盛り上がりを見せ、高レベルを保っている。お店の並々ならぬご努力と、来るお客さんの層の厚さがそれを支えているのは勿論だが、実は小生、この男の存在が大きいと勝手に踏んでいるのだ。

そう、氏は中野BBの不動のハウス・ギタリストであった。
セッションの冒頭、マスターのSue~さんとコンビを組み、絶妙なシカゴ・ブルース・マナーのギターを奏でていた彼のプレイに小生は魅了された。とりわけバッキング・パターンの豊富さには舌を巻いたし、ボーカルのレパートリーの豊富さも尋常ではなかった。

氏がセッションのハウスバンドで数セット演ることによって、客席から舞台が一段高く見えるような感じがしたのだ。出番を待つ間、緊張感が否応にも高まって来たもの。

やがて小生もセッションでセットを組ませて頂ける様になり、同じシカゴ好きと云うこともあり、アドバイスを頂いたり、連れ立って遠征セッションに行ったり、本当にお世話になった。

そして、今や一緒のバンドでライブをやっている!信じられないこと。
小生の拙いギターにも縦横無尽のバックをつけてくれる。

氏はチビット88、グラ小椋氏、ケン・カワシマ氏との活動、そして数々のセッションワークで昔も今も引っ張りダコ。現在は千葉に居を構え、新たな拠点でも活躍中。FORの客員ギタリスト、ボーカリストとして小生のチョンボをフォローしてくださるナイスガイ(笑)

最近は自身のバンドで精力的に活動しており、リヴィング・シカゴ・ブルースへも積極的に取り組んでいる。ステージの魅せ方、選曲には並々ならぬこだわりがあり、しかもダウンホームもモダンも変幻自在にこなす。以前は"職人肌"と云われていたが、現在は更に進化した素晴らしいマルチなフロントマンである。

Photo:Yoshiaki Takee
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-03 18:30 | MEMBER

【DRUMS篇其の壱】

スイングするダブル・シャッフラー ・・・加々美忠史

f0054131_12475412.jpg






















FORの母体となるバンド、THE ICE CREAM MENを作るときに、小生がドラマーとして真っ先に名前を挙げた男。

HOOKERのドラマーとして活躍した加々美氏は、鹿児島へ居を移した。数年後、本拠の千葉へ戻り、鹿児島人脈で加入したバンドが、かわのりょうぞう氏率いる『かわの商店』と云うフォーク・ロック・バンド。

『かわの商店』にはハーピストとして小生とずっと一緒に演ってくれている今野昌氏も参加しており(ベースの長岡裕二氏も参加)、ブルースを欲していた加々美氏に参加を要請し、現在に至るのである。

FRED BELOW、ODIE PAYNE等を彷彿とさせるスイングするダブル・シャッフルが持ち味。
ボーカルも執り、主にLITTLE WALTERの曲をレパートリーとする。
フレイムズ以外にもどんどん活躍して欲しいドラマーです。

Photo:Hiroaki Shimokawa
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-02 21:00 | MEMBER

【ABOUT THE FLAMES OF RHYTHM】

このバンドは'50's CHICAGO BLUES大好き人間が集まって組んだTHE ICE CREAM MENと云うバンドが母体で結成は2004年2月でした。

'50年代の黄金のシカゴ・ブルースのバンド・サウンドにインスパイアされたTHE ICE CREAM MENをg.voの坂本たつが今まで以上にアタマに立ってロウダウンにブルースする為に2005年4月にTATSU SAKAMOTO & THE FLAMES OF RHYTHM(略称:FOR,f_o_r,フレイムズ)として活動を再開し、現在に至ります。

皆様、是非とも【SCHEDULE】をチェックして頂き、ご来場お待ち申し上げております!

さて、バンド自体は

坂本たつ(g,vo)
長岡裕二(b,vo)
加々美忠史(d,vo)

で構成されますがライブには必ず『And Their Guests』と云う項目が付加され、はじめて成り立ちます。この偏屈なスローガンに賛同(!?)し、協力してくれる素敵なメンバーがいるのです!

以降、FORのメンバー及びゲスト・プレイヤーの皆さんをパート別にたつがご紹介していきます。

f0054131_10303281.jpg
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-02 19:00 | MEMBER
f0054131_14322985.jpg












告知させてください!

2/3(FRI) 節分ライブ!
阿佐谷CHECKER BOARD"

OPEN:20:00
START:21:00
CHARGE:¥500

TATSU SAKAMOTO & THE FLAMES OF RHYTHM

坂本たつ(g,vo)
長岡裕二(b,vo)
横山哲也(d)

And Their Guests:
ピストル史朗(g,vo)
今野 昌(h,vo)

※節分豆まきライブ!鬼は当然FOR???

****************************************************
いよいよ明後日に迫った節分豆まき(まくのかなぁ...)ライブです。
今回もギターにピストル史朗氏、ハーモニカにに今野昌氏を迎えて思う存分暴れてもらいます。そしてドラムにはブラッシュワークの名手、てっちーこと横山哲也氏を配し、お馴染み阿佐谷チェッカーボードで胡散臭いブルースをぶっ放します!

週末の夜、何かとお忙しいかと思いますが、一杯呑みがてら是非お運び下さい。宜しくお願いいたします!
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-01 19:00 | DIARY

【SCHEDULE】

4/14(FRI) 池袋ALE HOUSE

OPEN:18:00
START:20:00
CHARGE:¥0(投げ銭)

坂本たつ(g,vo)
長岡裕二(g,vo)
加々美忠史(ds,vo)

And Their Guests:
今野 昌(h,vo)

※初出演!ベースレス編成!

*********************************************

◆◇ライブ・パーティ・結婚式・イベントetc 演奏のご用命はコチラまで!◆◇

過去のスケジュール
[PR]
by lowdown99 | 2006-02-01 18:00 | SCHEDULE